中村ゼミ

中村ゼミ
ゼミテーマ

「グローバル金融と社会的責任」

ゼミ紹介

ゼミの概要

 金融・財務の知識を用いて格差、貧困、環境などの社会問題解決に臨みます。具体的には、社会問題を解決する「サステナブルな企業」をESG(環境・社会・ガバナンス)の視点から分析します。

ゼミで学ぶこと

 中村ゼミでは、金融・財務の知識を武器にグローバルな社会問題の解決に取組んでいます。ゼミの研究課題であるSRI(社会的責任投資)やソーシャルファイナンスとは、貧困者や環境問題の解決に資する、社会で意義のある企業への投融資のことであり、ノーベル平和賞受賞者M.ユヌス氏の創設した貧困者のためのグラミン銀行もその一つと言えます。ゼミ生達は、金融によって社会を変える「高い理想」を胸に研究に日々励んでいます。

 ゼミの学習プログラムは、3年次前期は専門書の輪読とプレゼンテーションによって基礎知識の蓄積と共有化を図ります。つづいて、問題解決型の自主的な学習として、3年後期には日経STOCKリーグ、SRIレポートコンテストや日銀学生グランプリ等の全国学生大会にチャレンジし、自分たちの関心ある問題分析力を磨いていきます。例年、ゼミ生は受賞を果たし、結果を残しています。4年次には就活に取り組むとともに卒論の作成を行います。特に就活では、ゼミ研究で培った専門知識、分析力やチームワーク力を存分に発揮し、銀行など金融機関を中心に就職を勝ち取っています。また4年後期には、ゼミ活動で学んだことの集大成として「卒業論文」をまとめあげます。

 ゼミの学習システムは、4、5人の研究グループを形成しワークを自主的に行います。これは組織で研究することで勉強+α(チームワーク力、コミュニケーション力、熱意など)の人間力の育成を目指しています。また研究内容では、社会におけるサステナブルな企業とは何かをとことん考え抜き、そのための文献・資料調査、ヒアリング・企業訪問調査、さらには財務データの分析を行う研究プロセスを取ります。特に3年夏に行うゼミ合宿は、互いに「徹底的に学びあう」ことをモットーに、研究の基礎力を養う場となっています。大学時代は多忙ですが、互いに思いやりをもつことが成長する肝要であり、チームで研究を行うゼミの意義でもあります。中村ゼミのモットー : You cannot see the forest for the trees(森を見て木を見ず)
ゼミ参照: http://shingakunet.com/gakko/SC000369/sensei/9000768945/

ゼミを選択する上でのアドバイス

ゼミはキャリアコースの一つに位置づけられます。今後、企業は大学生に対して、語学はもとより、特に専門力(基本的理論の習得、その応用)を以前にも増して重要視するようになるといわれています。自分の将来の夢を実現する力、知識は何か、またそれらをどのように身につけ、いかに応用していけるか等の視点をもつとよいかと思います。

ゼミ生の声

42期 加藤美紀

ゼミの魅力は、何と言ってもゼミ生一人一人の勉学に対する主体性が強いことです。皆、様々な問題に関心を持ち、議論はいつも活発に展開されます。

41期 杉田信子

中村ゼミを選択した理由は社会に出てからも必ず役に立つ「金融」の専門知識と社会問題を学生のうちに深く学びたいと感じたからです。