前田ゼミ

前田ゼミ
ゼミテーマ

「わが国会計基準のコンバージェンス」

ゼミ紹介

 前田ゼミでは、これまでさまざまな形でゼミを行ってきました。かつては公認会計士試験や税理士試験を目指す学生が集まり、現役合格しやすいように企業会計原則や連続意見書、各種会計基準を教材として議論により理解を深め、試験に対応できるように、毎週、小論文を添削した年度も年もありました。したがって、1990年代に卒業した約20名の方が公認会計士または税理士として働いています。また、金融機関に勤務した方も多く、国税専門官や公務員になった方もいます。
 その後、ゼミが選択になってからは国家試験を受験する方たちがゼミを選択しなくなりましたので、もっぱら会計に興味のある方が集まっています。まず、簿記や会計学の基礎の上にさらに会計学の新しい領域を学び、希望者が多い年度では、日商簿記検定2級や1級の内容(簿記と会計学)を取り上げて議論し、問題のポイントを指摘しながら進めています。
 4年次後期には、各自がテーマを探求し、資料を収集して卒論に取り組みます。比較的多いテーマは自分の就職予定企業、または業種関連のテーマです。インターネットを使いさまざまなデータを入手して経営分析しています。

ゼミ生の声

たくさんのことに興味を持って

経営学部経営学科 36期 森 友香

数字という「データ」から企業というものを見られることにとても興味があり、この前田ゼミを選びました。

税理士を目指して

経営学部経営学科 36期 中村英雄

税理士になるのが小さい頃からの夢です。父が税理士で、その姿をずっと見てきて、自分も税理士になりたい!、税理士になって父の後を継ぎたい!と思ってきました。税理士になることで親孝行をしていきたいと思ってきました。 また、”数字から企業が見える”ことに強い関心がありました。そして、とにかく学生時代に力をつけたい!と思いこの前田ゼミを選びました。