天谷ゼミ

天谷ゼミ
ゼミテーマ

ビジネス・エコノミクス

ゼミ紹介

ゼミの概要

 企業経営をめぐる諸問題を経済学的にアプローチする分野です。グループ研究が中心で、経営戦略やゲーム理論を学んだ後、各グループでテーマを決めて研究を行います。さらに実践的な市場調査方法についても学びます。

ゼミで学ぶこと

 企業の行動、戦略、組織、さらに企業を取り巻く市場あるいは産業に関する問題について、経済学的に分析する手法が注目を集めています。この分野は、近年「ビジネス・エコノミクス」と呼ばれています。たとえば、経営戦略を経済学的に分析するメリットは、競争がどのような帰結をもたらすかを容易に表わせることです。経営学においては企業の経営者からの視点が基本となり、ある戦略をとった場合にその企業が結果としてどうなるかという点に焦点が当てられますが、ビジネスエコノミクスでは市場に参加している各企業のとる戦略が市場あるいは産業全体にどのような結果を生じさせるかにも焦点を当てています。つまり、企業の分析だけでなく、企業を取り巻く市場や産業にも分析対象を広げています。


 演習Ⅰでは、基礎理論の学習として企業戦略(多角化戦略、分化と統合、事業の国際的展開など)、競争戦略(業界の構造分析、競争の基本戦略、価格による競争、差別化による競争など)、戦略的行動(参入阻止の戦略、競争優位の持続可能性など)、経営戦略における最近のアプローチであるゲーム理論で考える経営戦略を学んでいきます。授業の進め方は、各グループに学習内容を割り当て、パワーポイントによるプレゼンテーションをしていただいた後、皆でディスカッションをします。
 演習Ⅱでは、現実の問題に挑戦するために、各グループでテーマを決めて研究していきます。研究成果は八王子コンソーシアム学生発表大会や懸賞論文大会等に応募していきたいと思います。
 演習Ⅲでは、理論と実践を含む内容として、統計学を利用したマーケティング・リサーチ(企画設計、サンプリングとデータ集計、ポジショニング分析、顧客のニーズ分析、売上高予測、顧客満足度分析など)について学んでいきます。演習Ⅳでは、ゼミ活動の集大成として卒業論文をディスカッションを通して作成していきます。
以上のように、ゼミ活動の2年間は理論と実践を交互に学んでいく形となります。理論を学ばずに実践することは、地図を持たずに未知の地に向かうのと同じくらい無謀なことです。しっかりと学問を身に付けてください。

ゼミを選択する上でのアドバイス

 私のゼミでは、社会に役立つ人材に成長していくことを目標に、たとえ難しい問題でも進んで挑戦し徹底して学ぶことを求めています。ゼミ生同士の助け合いがどんな難問も解決してくれると思います。苦しいときも楽しいときも、皆で分かち合える友人関係を築くために、ゼミ内の親睦会にも力を入れています。生涯良き思い出になるようにゼミ活動に全力で取り組んでくれる人を歓迎します。

ゼミ生の声

42期 上原孝太朗

みなさん、こんにちは!天谷ゼミでは、ビジネス・エコノミクスを勉強しています。また、ゼミ生の仲が良いところが天谷ゼミでもあります。

42期 不破清美

天谷ゼミを志望した理由は、私にとって未知のものであった「ビジネス・エコノミクス」を天谷先生のもとで学んでいきたいという気持ちからでした。