SRI(社会的責任投資)レポートコンテストで奨励賞

 本年3月に、第2回SRI(社会的責任投資)レポートコンテスト(NPO法人社会的責任投資フォーラム、株式会社きんざい共催)の審査発表が行われ、創価大学経営学部・中村みゆきゼミの学生が提案した「Change!あなたが変える!地域社会の未来 ~おつり投資~」が奨励賞に輝きました。

 このコンテストは、SRIやESG(E:環境、S:社会、G:ガバナンス)投資に関する研究活動を促進し、その成果を情報発信する目的で行われているもので、広く社会人や大学・大学院生に募っているものです。今回が2回目の開催となり、日本を代表するSRI、ファイナンス分野の5名の審査員による厳正な審査・講評がなされました。

 中村ゼミからは福原あゆみさん(4年)、江田美保さん(4年)、久保衣里さん(4年)、栗山友城さん(4年)の4名が、少子高齢化・地方経済の衰退という日本が直面する課題を直視し、地方経済の自立化と活性化の手段として、住民が地域で買い物をする際の「おつり」を原資とした地域通貨・コミュニティ投資を提案。将来の可能性を秘めた好論文であるとし、今コンテストでは唯一の受賞(奨励賞)を果たしました。

 中村みゆき教授は「ゼミの研究テーマであるSRIとは、貧困層の興す事業や環境問題の解決に役立つ事業など、社会的に意義の深い事業への投融資のことです。近年、ファイナンス分野でも注目されてきております。ゼミ生たちは徹底的なサーベイと討論によって研究を深め、最終的に政策提言を出すことを目標としています。その結果、毎年全国の学生コンテストに入賞を果たしており、金融知識を武器に社会問題の解決に取り組むゼミ生たちの熱い志をとても頼もしく思っています」と語りました。