AP事業採択に伴い、先導学部として取組を開始

文部科学省が支援する大学改革の取組の一つである、平成26年度「大学教育再生加速プログラム(Acceleration Program for University Education Rebuilding : AP)」に創価大学が選出された。

本取組では、アクティブ・ラーニング(AL)導入科目の質的向上により授業外学修時間の増加と理解度の向上を図り、 様々な評価指標の開発を通じてALの学修成果の可視化を加速させ、評価の文化を醸成する。経営学部には、先進的なAL実践の実績(河合塾調査が紹介)があり、専門科目クラスター制による高次なAL展開を期待できることから経営学部が先導学部になった。

学年進行に応じた学修成果測定を主な機能とするアセスメント科目(3つのアセスメント・ゲート)を用意し、教える側と学ぶ側、双方がその科目の目標達成にどの程度貢献できたのかを点検する体制を整える。アセスメント科目として設定した科目は、、アセスメントを意識しつつ、AL手法が効果的に機能するように授業設計を見直す。

その点検結果に基づき、自らの学修成果を評価し、互いに励ましあって次の学修について考えさせる。複数の学生調査(卒業生調査を含む)を組み合わせ、学士課程プログラム全体を通じた学修成果を定量的に把握する。