安田ゼミが第52回インナー大会本選に出場!

2012年11月11日(日)に開催された第52回インナー大会のプレゼンテーション部門の本選に安田ゼミが出場しました。

2012年11月11日(日)、関東最大の学生発表会である第52回インナー大会のプレゼンテーション部門(主催:日本学生経済ゼミナール関東部会、審査協力:日経ビジネス)の本選が、日本大学商学部砧キャンパスで開催されました。この大会は26大学の経済、経営、商学部等のゼミから過去最大の183チーム、約950名が参加し、この日は、9月に2度にわたって開催された予選会を勝ち抜いた上位10チームによる発表が行われました。本学より経済学部の西浦ゼミと経営学部の安田ゼミが本選に臨み、このうち西浦ゼミが最優秀賞(第1位)を獲得しました。

安田ゼミは、「いつまでも幸せな生活を~トレッキングツアーで健康寿命を延伸サポート~」とのテーマで、増加する高齢者がいつまでも心も体も健康でいきいきと生活してもらうためのサポートをしたいとの思いから、比較的に低負荷で仲間と楽しみながらチャレンジできるトレッキングに着目し、そのツアーを企画、そのアイディアに賛同した大手スポーツ小売店の協力の下、実際に実行するというものでした。

高齢者の健康寿命をサポートするために必要な知識を得るために、地方自治体や企業など数十社にヒアリングに行くだけでなく、協力してくれた企業にも何度も足を運び、プレゼンをしてアドバイスをもらいながら、作り出したプランを15分にわたって発表しました。

惜しくも入賞は逃しましたが、2013年3月4日の日経ビジネスにも本選に出場したことを掲載して頂き、リーダーの合津さんは「入賞出来なかったことは非常に悔しいですが、創価大学経営学部の代表として本選出場を果たし、人間主義経営を実践できたことを嬉しく思います。たくさんの一流大学も出場した中、半年以上かけて仲間と悩みながら考え抜いたビジネスプランが企業の方々に評価していただけたことは私たちの大きな自信になりました。」と爽やかに語っていました。