見学先からのメール

企業見学会の参加者の皆さんへ

11月20日に訪問したライオン(株)のお二方から下記のようなメールを頂戴しましたのでご紹介します。原文そのままです。             (渡邊隆之:記)

1.生活者行動研究所の今井所長より

「引率ご苦労様でした。最後の質疑応答の時間に間に合わず、また、お見送りもできず申し訳ありませんでした。 十分な時間がとれず、消化不良になったのでないかと、心配しておりますが、その後のフォローのほどお願いいたします。

対応した部署長たちから異口同音に、とても礼儀正しく純真な学生さんたちで、
とても気持ちよく説明ができ、今年の見学者2,000人の中では最高の団体だったそうです。日ごろの先生方のご指導の賜物だと思います。

急に寒くなってまいりましたが、ますますご活躍のほど、お祈りしております。」

2.研究開発本部の角井本部長より

昨日は、当社ライオン㈱の小田原工場にお越し頂き、誠にありがとうございました。

同時に、大変 お疲れ様でした。
早速、ご丁寧に御礼メールを頂戴し、恐縮致しております。

当社にとっては、皆さん一人一人がお客様ですので、
来社して頂き、今後の勉強に少しでもお役に立ち喜んで頂ければ、大変光栄です。

皆さんを出迎えました 今井所長、豊城工場長と会うのも久しぶりでしたので、
夜は会食をしました。

その際に
貴校の生徒さん達の熱心さと行儀良さに、我々一同 感心しておりました。

当たり前かもしれませんが、(最近は当たり前ではない・・・)
 ・皆さん挨 拶はキッチリされ、昼食後の眠い時期にもシッカリ聞いておられました。
 ・携帯は一度もならないし、操作されませんでした。
 ・質問も、素直な非常に良い質問ばかりでした。(我々も、勉強になる質問が多かったです)

工場の人達は、一ヶ月に10日以上 見学に来られた方々に説明しております。(1年間に3,000人以上です)彼らも、久しぶりに気持ちの良い学生さんに会い、説明にも熱が入ったと感心しておりました。

学生さんの皆さんに 宜しくお伝え下さい。
最後に、学生の皆さんに一言

夢を持って 日々努力をし 失敗を恐れず何事にも挑戦して下さい。
(勉学、遊びを含めた人生勉強、人との接触・出会い などなど・・・)

本当に、ありがとうございました。