TUC(イギリス労働組合会議)

イギリス労働組合会議(TUC)は1868年ロンドンで初めて開催されました。イギリスの62団体以上の労働組合が参加し、公務員組合(ユニゾン)や金融組合(アミカス)など多数存在します。TUCが開かれた目的として、加入している組織、組合員の利益となることを推進すること。労働者の経済的社会的状態を改善し、雇用中か失業中かにかかわらず彼らを援助すること。組織の組合員と使用者、組織と組合員、組織と組織の間の紛争解決を援助するための規約を制定すること。が挙げられています。

TUCはイギリスのナショナルセンターなのですが、イギリスにはナショナルセンターが1つしか存在しません。ナショナルセンターとは、労働組合が加盟し、加盟組合のまとまりや共同行動に主眼をおいた労働組合の全国中央組織です。大別すると地域、企業、職能、産業別に分けられますが、明確な境界線はなく、その数は国ごとによってばらばらです。現在日本では2つ、フランスでは9つのナショナルセンターがあります、

TUCはイギリスのナショナルセンターなのですが、イギリスにはナショナルセンターが1つしか存在しません。ナショナルセンターとは、労働組合が加盟し、加盟組合のまとまりや共同行動に主眼をおいた労働組合の全国中央組織です。大別すると地域、企業、職能、産業別に分けられますが、明確な境界線はなく、その数は国ごとによってばらばらです。現在日本では2つ、フランスでは9つのナショナルセンターがあります、

毎年9月に、TUCの会議が開かれます。会議では主に多くの組合員が感じている労働への不平的不満についてトピックを挙げ、その問題点と改善策を話し合います。過去に、労働時間問題、年金制度問題、最低賃金引き上げなどについて話されてきました。労働時間については、長時間労働あるいは休息なしの長期労働から労働者を保護するのを目的として、イギリス史上初の労働時間法「労働時間規制法」がTUCの要求により国会で可決し、施行されました。TUCが国会でそれほどの影響力を持っているのは、TUCが労働党とマーシャルプランの改革から密接な関係であったことがあります。それ以来、TUCが労働党を支持しているのでTUCの意見が国会で影響をあたえやすいのです。

TUCのブレンダン・バーバー書記長は、政府に労働者に対する公平な労働環境の提供を訴えています。最近では、同性愛者の差別雇用の撤廃、失業者の打開などにも取り組んでいます。彼らは、強固な姿勢で政府に労働条件を改善する提案を提出し、労働者がより働きやすい環境にするために日々活動しています。