國島 弘行

國島 弘行 教授

担当科目

経営管理論、ベンチャービジネス論、情報とビジネス、中小企業論、ベンチャー企業論

研究の概要

情報ネットワーク化と企業経営の革新、ニュービジネスの動向と起業法・新しい働き方

学生へのメッセージ

略歴

1979年卒業 中央大学商学部会計学科会計学専攻
1983年修了 中央大学大学院商学研究科商学専攻博士前期課程
1987年退学 明治大学大学院経営学研究科経営専攻博士後期課程(単位取得)
1987年 小樽商科大学商学部商業学科 助手
1988年~1993年 岩手大学人文社会科学部人文社会科学科 講師 助教授
1993年~ 創価大学経営学部経営学科 助教授

専門分野

経営管理論

研究テーマと研究の概要

大量生産・大量販売・大量廃棄、大企業、行政国家、官僚制組織などからなる20世紀型の企業経営が動揺・解体している現状を分析し、21世紀型の企業経営のあり方を理論的・歴史的・実証的に模索している。

  1. ハリウッド・モデルとシリコンバレー・モデルとのビジネス・モデルの比較
  2. ITC革命とEビジネス・モデル
  3. 市民が自ら公共性を作る社会(新しい市民社会)と市民事業モデル
  4. 大企業形成・確立期におけるビジネス・モデルと管理論
  5. ビジネス・モデル作成法

最近の主な著書論文

  • 新しい市民社会論と市民経営学をめぐっての覚書 『創価経営論集』第31巻1・2号 2007年2月
  • 「ハリウッド・モデル」とギルド 『経営学史学会年報 第十一号 経営学を創り上げた思想』文眞堂、2004年5月 
  • IT革命と事業戦略の展開 ―ビジネスプロセスの再編をめぐって―権泰吉・高橋正康編著『組織と戦略』文眞堂 2004年3月 第3章(41~61頁)
  • セオリーZ論争の再検討と信頼 ―日本的信頼の現代的意義検討のために―『創価経営論集』第27巻第2・3号、2003年3月
  • IT革命と雇用問題 ―「ハリウッド・モデル」と新しいセルフ・エンプロイメントを中心としてー 労務理論学会『労務理論学会誌 第12号 現代の雇用問題』晃洋書房、2003年2月
  • 非営利組織と新しい経営理論-J.リプナック&J.スタンプスとP.ドラッカーの所説を中心として-『創価経営論集』第25巻1・2・3合併号、2001年3月
  • 経営組織革新と情報ネットワーク化-ナレッジ・マネジメントとネットワーク型組織- 林正樹、井上照幸、小坂隆秀編著 現代経営学叢書第18巻『情報ネットワーク経営』ミネルヴァ書房、2001年5月、第7章
  • バーチャル企業と現代経営の課題 丸山祐一・川岸清編著『今日の企業と経営』八千代出版、2000年4月、第11章(251~270頁)
  • アメリカにおける伝統的組織論の形成・展開-職能論的組織論を中心として-國島弘行・池田光則・高橋正泰・裴富吉『経営学の組織論的研究』白桃書房、1992年、4月

所属学会