大場 隆広

大場 隆広 准教授

担当科目

経営史
国際比較経営史

研究の概要

人的資本の経済史

学生へのメッセージ

よく遊び、よく学びましょう。大学は成長の場です。在学中に興味があることを追及し、自分自身を成長させましょう。

略歴

東京大学大学院経済学研究科 経済史専攻 博士課程 修了
2010年~2011年 名古屋商科大学 経営学部 非常勤講師
2011年~2016年 札幌学院大学 経済学部 准教授
2016年 創価大学 経営学部 准教授

専門分野

日本経営史・日本経済史

研究テーマと研究の概要

1 高度成長期日本の高校卒ブルーカラーの研究
2 戦後日本の養成工の意義・役割の研究

最近の主な著書論文

「養成工と高校卒ブルーカラーの代替と補完―戦後日本の高度成長期を中心に―」『歴史と経済』第223号 2014
「戦後日本における養成工の役割―デンソーの事例を中心に―」『経済論集』第7号 2014
『戦後日本における高卒ブルーカラーの研究』東京大学大学院経済学研究科博士学位論文 2010
「1960年代の高等学校の増員・増設の背景とその要因」『経済学研究』第51号 2009
「建設業・製造業の技術革新と高卒者の役割―1950年代から1960年代にかけて―」『経営史学』第43巻第2号 2008
「戦後日本における高卒ブルーカラーの増大―繊維企業を事例に―」『歴史と経済』第192号 2006

所属学会

経営史学会
政治経済学・経済史学会
社会経済史学会
日本産業教育学会