経営学部の特徴

人間主義経営の研鑽

社会に貢献するビジネス人材の育成

創立者の人間主義に基づくビジネスのあり方を強く意識したカリキュラム展開。人間主義経営の事例研究などの授業で豊かな倫理性をもったリーダーを創ります。また欧米やアジア地域を訪れる海外研修(グローバル・プログラム GP)でも訪問先大学、国連機関などで企業のあるべき姿などについて研修し、社会貢献の世界市民を創ります。

社会で生きる即戦力・実践力の強化

公認会計士、税理士などの資格取得も

プロフェッショナルなビジネス・パーソンとして活躍できる能力を身につけるための2つの学修コースの設定。高度な語学力を持ったグローバル人材の育成とともに地方公務員など地元貢献型の人材も育成しています。また、公認会計士や税理士をはじめとする難関資格の取得を目指し、現役合格の学生を多数輩出しているのも本学部の一大特徴。将来の活躍の場を大きく広げています。

海外ビジネススクールで世界へ飛躍

世界トップクラスと提携の学部カリキュラム

世界トップクラスと提携の学部カリキュラム 世界を舞台に活躍するビジネスリーダーになるためには、ビジネススクールを出ることが必須の条件です。本学部は海外のトップビジネススクールと学部独自で提携し、これが学部カリキュラムとして組み込まれているのも一大特徴。その留学先は、欧米からアジアまでをカバーしています。グローバルに活躍する知識とセンスを磨く最高の機会を提供します。

アクティブ・ラーニングのトップランナー

社会が求める能力を養う教育方法実践の先導学部

社会が求める能力を養う教育方法実践の先導学部 コミュニケーション能力、課題発見・解決能力など社会が求める社会人基礎力等を育成するには、学生が主体的に学ぶアクティブ・ラーニングが最適です。本学部は、アクティブ・ラーニングを早期に取り入れ、現在多くの授業で実施しています。全国の大学の中でもアクティブ・ラーニングで大学教育を刷新するトップクラスの学部として公に高い評価を得ています。

プロのビジネスマンとして活躍できる基礎知識と能力を養成。

人間主義に立脚した経営哲学を持ち、しっかりしたキャリア・デザインに基づき、必要な知識や能力を養成していきます。ビジネスの専門知識や外国語能力、コミュニケーション能力、ICT活用能力、プレゼンテーション能力など、さまざまなスキルを身につけることにより、ビジネスの世界で勝利者となり、創造的なビジネス・リーダーとなることができます。


広がる進路選択

経営学部では、ビジネスに必要な基礎的能力を身につけ、将来のさまざまな夢を実現するために数多くの進路を用意しています。ビジネス英語をレベルアップしてグローバル・プログラムに参加することで、外資系企業や国際機関で活躍する道が開かれます。専門科目に加えて特設課程の授業を活用することにより、公認会計士、税理士、中小企業診断士、ファイナンシャル・プランナーなどの資格を取得し、各分野のプロフェッショナルとして活躍することもできます。さらに、情報、商業、社会の教師になる道もあります。近年は大学院に進学したり、地方公務員になる学生も増えています。


また、専門演習において、CSR(企業の社会的責任)、マーケティング、ネットワーク・システムの構築、地域産業史と銀行の役割、環境資源問題、企業価値の測定と創造の会計、多国籍企業、証券市場など多様なテーマを掘り下げることにより、将来の活躍の場は大きく広がっていきます。

人間主義に基づく経営

創立者の掲げる人間主義の哲学に基き、経営学を学びます。経営の第一線で活躍する卒業生を講師に迎えた授業など、多角的に人間主義経営の本質を探究します。

グローバルプログラム(GP)

国際経営に関する基礎知識や、英語のコミュニケーション力を磨き、世界で活躍できる人材を育成します。国連など海外の国際機関、多国籍企業を訪問するフィールド・スタディを含むプログラムです。

コンピュータと経営

経理や財務、ファイナンスなど、今日の経営のあらゆる場面に欠かせないツールであるコンピュータのスキルを磨きます。理系科目など、幅広いカリキュラムを用意しています。

専門知識と資格の取得

公認会計士、税理士、中小企業診断士やファイナンシャル・プランナーなどの資格取得を目標に、専門的に学ぶことができます。