インタビュー「経営学部の魅力について」

インタビュー「経営学部の魅力について」

interview画像

「経営学部の学びは楽しい!」といま注目されている創価大学経営学部。
その秘密を探るため、「経営学部とは?」というテーマで、栗山学部長と中村副学部長にインタビューしました!


本日はよろしくお願いします。まずは、経営学の魅力を知るために、経営学と経済学との違いについて教えてください。

栗山学部長
経営学は「組織をいかにうまく企画運営していくか」という目的を持つ学問です。
そのために必要な学問分野を勉強していくわけですが、「経済学」「心理学」「社会学」「統計学」をはじめ、多様なアプローチを取る「総合科学」とも呼ばれています。
また、経営学の問題には現実に対応する実学的要素が高く、「答え」が明確ではないことも多くあります。
その明確でない問題に対して、よりよい答えを導き出すために、関連する様々な専門領域を学ぶ必要があります。
それに対して、「経済学」は経済現象を研究する学問で、マクロ経済学、ミクロ経済学を基礎として精緻な理論的構築がなされ、一つの学問的体系ができています。

経営学部の学びの分野について教えてください。

栗山学部長
一つはマネジメント分野です。「人、もの、金、情報」という4つの経営資源をどのように管理するかという経営管理論や経営情報学の分野があります。
特に、貨幣情報の管理に関して、簿記から始まる会計学分野は、財務会計と管理会計として発展しております。
また、生産と消費の間を架橋するため、マーケティングや流通論、消費者行動論などの科目、資金の調達運用に関する金融関連科目があり、これらは商学と呼ばれています。
さらに、経営学と工学を融合した経営工学の分野もあります。
これらの分野の学習にあたっては、講義だけでなく、能動的に学び、自分の頭で考えること(=アクティブラーニング)、現場に行って勉強すること(=フィールドスタディ)が重要となります。

来年度、新しい取り組みがスタートするそうですね。

中村副学部長
経営学部では、多様な専門科目を、一つのまとまりのあるテーマに分けて勉強する「クラスター制度」を導入します。
「金融」、「マーケティング」、「国際経営」などの専門領域ごとに学びのグループを形成することで、専門分野を効率的に学修することができます。
1つの方法として、同じ専門領域の教員がグループを作り、学生に対して現実にある社会問題を課題として提示します。
それに対し学生は問題解決の方法を考え出します。(問題解決型のアクティブラーニング=PBL学習)
例えば、私の専門である金融分野を例にとりますと、
金融論や証券論など同じ専門領域の先生とグループを作り(ティーチングコミュニティー)、「貧困問題をどのように金融で解決するか」という課題を提示します。
一つの課題に対して、学生は、グループで能動的に考える学びの場を作ります(ラーニングコミュニティー)。
学生は調べたことや知っていることなど複合的に知識を使い、またディスカッションを通して理論上の学問を現実にどう展開させるかという学びを展開していきます。

経営学部はアクティブラーニングの先導学部として、文科省に採択されました。

栗山学部長
今までの講義型の授業と違って、アクティブラーニングとは、現実にある企業を分析し、抱えている問題・課題をどう解決していくかについて考える、問題解決型の授業です。
この学習法は、学生が能動的に取り組むことを目的としています。
経営学部では、講師の話を一方的に聞く授業ではなく、グループディスカッションやグループワーク、そしてプレゼンテーションなど、学生がアクティブに学ぶことができる機会をたくさん設けています。

その他の特色、また経営学部で学ぶ醍醐味について教えてください。

中村副学部長
取り扱う対象がビジネス(組織と人)ですから、現実の社会に一番近い学問だといえます。
また現在、地球規模で問題になっている「貧困」「人権」「環境」といった課題は、すべてビジネスと密接に関わっています。
グローバル企業が有する資産は一国の国家財政に匹敵するほどで、またその動向は広く社会や自然環境にも大きな影響を与えてきました。その意味からも、企業を研究する意義は大きいのです。
また近年になり注目を集めている「長寿企業」があります。
実は、長寿企業が世界で一番多い国は、日本なんです。
聖徳太子の時代から続く企業をはじめ、1000年の歴史を誇る企業が日本にはいくつもあります。
それら企業では脈々と技術の伝承が行われています。人の想いが受け継がれています。
そういった企業が、連綿と生き続けている理由は、一体なにか。それは、「人」を基にした経営を行ってきたからではないでしょうか。
近年、世界でも、これら日本の長寿企業が注目されてきています。
まさに、経営学部は、十数年前より「人間主義に基づいた経営(人間主義経営)」を謳ってきました。
こういった「人間のための」ビジネスを学問として研究していくことは、創価大学経営学部で学ぶ醍醐味ではないかと思います。

実戦と哲学とが両立した学部だと言えそうですね。

中村副学部長
経営学は時代とともに変わる人・組織を学問化していく「社会科学」という学問です。すなわち社会の様々な事象に対して、因果関係を見つけ、理論付けをしていく。
つまり経営学部では、好奇心を持ち、社会の様々な現象に「なぜ」、「どのように解決するか」という姿勢を身につけるための学びを大切にしています。また、このような探究心を持たなくては、世の中の真の姿が見えないでしょう。
このように学問の素養を高めることは、ひいては、自分とはどういう人間なのかということを考える力をつけることにつながります。これが大学で学ぶという意味だと思います。
とはいえ、今の時代は昔のような、象牙の塔にこもった、教養をずっと論じていてはダメなんです。
今の社会のスピードの速さについていくには、資格も取らないといけないし、実践力がないとダメなんです。
経営学部は、「実践力」と「考える力」をつなげる教育、これを非常に重要視しています。

経営学部で勉強すると、どんな資質が身につくのでしょうか。

栗山学部長
まず、多角的な視点をもって問題解決に取り組むスキルが身につきます。
学ぶことが一つの専門分野だけではないため、一つの偏った見方だけではなく、様々な観点から今の問題を捉えることができます。
また、実際現場で起きる問題も多角的な面があるため、この視点が非常に重要になります。
二つ目は、現実の数字を重視し、分析するスキルです。
経営とは、具体的に成果が数字で出るため、観念的な考え方ではなく「どれだけ売り上げがあったのか」など現実の数字を重視し、分析する力がつきます。
三つ目は、「人間主義経営」を根幹とした経営の視点を持つことができます。
ビジネスとは、社会(人間)にプラスの価値をもたらさないと持続できません。
そのための実践的知恵を身につけなければなりません。このことは2013年に経営学部が行った国際会議のテーマでもあったのです。
これらの資質が身につくと考えられます。

経営学部の特に女子学生は、多くの学生が早期に内定を勝ち取っていると聞きました。
その理由はどこにあるのでしょうか。

中村副学部長
今年度(2014年度)、4年生の女子学生は6月頃までに約7割が内定を取りました。
この理由をキャリアセンターの方に考察してもらったところ、経営学部の学生は、面接などの本番の場で、自分のことをはっきりと言える人が多いとの評価を得ました。
一方で、世の中にはマニュアル通りにやればいいという学生、また指示待ちの学生も多いです。
しかし、経営学部の学生たちは、自主的な学びを日常していることから、自分で考えて、発言するということに慣れています。ですから、そういう力が自然とついているのではないか、と思います。
社会で求められている人は、しっかりと自分の考えをもって話ができる人、社会人基礎力(ジェネリックスキル)のある人材です。
経営学部の学生は「アクティブラーニング」で、ディスカッションやプレゼンテーションをする機会が非常に多いので、問題意識を持ち、調査し、提案できる力がついているんだと思います。
また経営学部は他学部と比べても取得できる資格が多いですし、実践で使える資格が多いため、就職にも有利となるのではないかと思います。

推進している資格について教えてください。

栗山学部長
代表的なものですと、公認会計士、税理士、中小企業診断士、日商簿記、ITパスポート、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト、販売士などがあります。
また、今回新しくできたプロフェッショナルコースでは、簿記や、公認会計士と税理士の養成に特化した「テーマゼミ」を行うなど、高い専門知識を身に付け、資格の取得にも特化しています。
特に簿記の資格は、どこの企業でも役に立ちますし、将来自分の会社を起業する際も大きな力になります。
こういった資格に関しては、他の学部に比べて、有利な環境にあります。
※経営学部で取得できる資格についてまとめた記事はこちら

他学部からもオファーがあると伺いました。

法学部と相互提携し、「ビジネス&ロー」というワークショッブ型授業が始まりました。経営をするには、会社法、労働法、民法などが必要ですし、法学部もビジネス法務として相互に不可欠な分野なのです。
経営学部の持っている、現場の生きた事例が非常に好評なようですね。

以前から、経営学部の掲げているキーワードは、他大学でも主流になっていると伺いました。

日経新聞(2015年3月2日付26面)に掲載されていた立命館アジア太平洋大学の記事が話題になっています。
英語はツールでしかない、英語も日本語も共に行う、真の国際化を目指しているとの記事なのですが、自在に日本語を英語に転換できる。そういう英語のプロフェッショナルが必要です。
その記事の中に、「人間主義」がこれからは必要なんだと書いてありました。
まさに創価大学経営学部の使命が時代に求められていると感じます。

最後に受験生の皆さんへ、メッセージをお願いします。

中村副学部長
経営学を語るときには、必ず文化や価値観に触れないわけにはいきません。
企業は、その土地の人々や文化、価値観を反映するからです。
それを総合的に理解していこうとする主体的な学びを通して、「現場での実践力」と、哲学的な「考える力」の両方を、経営学部では身に付けることができます。
それは、「実践力」とともに「考える力」をつなげる教育を実践しているからです。
人間が生きる基本となる考える力を身に付けてこそ、初めて英語や他のスキルも生かされます。経営学部で、一人一人が人間主義のビジネス哲学をしっかりと身に付け、それをもって社会へ雄飛していくことを念願しています。