統計学

ビジネスで必須のデータに基づいた科学的思考力を養成する

 現代のビジネス界は、今まで経験したことのないグローバルな世界であり、また変化のスピードが激しく、状況が時々刻々と変化する世界です。そのような中で生きるビジネス・パーソンは、単なる経験や勘だけに頼った思考ではなく、多様なデータを基にして根拠のある意思決定をすることが求められています。このような科学的思考を教えるのがこの「統計学」の授業です。統計は、すべてのビジネスで、またビジネスの様々な局面で必ず必要となる知識であることから必修科目として設定されています。ビジネス現場で活用できる統計の実践的なノウハウを身につけることを主な目的として、講義とコンピュータ実習との相乗効果を計り、将来のビジネス界をリードする人材育成を行っています。