学生の声

小栗 一馬さん

小栗一馬

グループ演習は、プレゼンテーション大会に向けて学生が主体的に取り組む授業です。研究、ディスカッション、プレゼン作りなど、全ての作業をグループのメンバーで自由に進めていきます。自由だからこそ、チームワークが重要です。
私達のグループでは効率的に作業が進められるよう、明確に役割分担をしました。また、授業時間以外にも集まってディスカッションをしたり、プレゼンを作ったりと、グループで一丸となって取り組みました。その結果、優勝することが出来ました。
この授業ではプレゼンテーション能力が向上しただけでなく、チームワークの大切さを学ぶことが出来ました。

高石 哲子さん

高石哲子

グループ演習は、チームでプレゼンテーション作成に取り組む授業です。
生徒主体の自由な授業なので皆で1から何かを作り上げることの難しさ、楽しさを知ることが出来ました。特に、チームの中で自分の役割りを見つけ貢献することを学べたことは大きな収穫だと思います。
また、自由にやるなかでも教授がワークシートを通して毎回フィードバックして下さるので、目標を決めて取り組むことができました。
大学生活、そして将来、社会にでた時もプレゼンテーション能力やチームで何かに取り組む力は、絶対に必要だと思うので、授業で取り組むことはとてもいい経験になりました。

中山 天空さん

中山天空

僕はグループ演習ではチームワークの重要性、情報の大切さを学びました。
このグループ演習で僕たちは経営のプレゼンで優勝という一番名誉ある結果を残せました。 もともと前期で一緒だった一人は連携が取りやすかったのもありますが、他の人もすぐ打ち解けて、みんなが自分のやるべきことをまっとうしお互いに意見を出しあいパワポをつくり、ほかにも前年に準優勝した先輩からなにがあと一歩足りなかったのかを聞き出して僕たちはそれを聞いて対策したからグループ演習でも最高の結果を残せたと思います。
本当にグループというのは当たり前ですがチームワークが大事ですし、情報を得ることの大切さも改めて実感しました。

林 由里子さん

林由里子

グループ演習は、学生が主体となってチームでプレゼンテーションを作り、発表するという機会が設けられている貴重な授業です。
プレゼン大会では、他のチームの発表見て良いところを学び、教授からはアドバイスを頂くなど、更なる質の向上に役立てることができました。
自分たちで一から作るプレゼンは試行錯誤しながらでしたが、チームの皆と協力し、一人ひとりがリーダーとして取り組んだこの経験は、三年になった今も、大変に活かされています。