企業見学会(フィールドワーク)

日本経済の中心「東京証券取引所」!!

「東京証券取引所」と、「アド・ミュージアム」の見学

 経営学部の学生約50名が参加し(2012年11月14日)、「東京証券取引所」と広告とマーケティングの資料館「アド・ミュージアム」の見学会が行われた。
「東京証券取引所」では、様々な説明を受けながら、ニュースで目にする証券取引の現場を実際に見学することができた。また、「会社の見方・調べ方」というセミナーを受け、より実践的な目線での企業分析の方法を学んだ。

参加者の声(女性)41期半田雅子

 「アド・ミュージアム」では、江戸時代の錦絵から最新のテレビCMまで、約20万点を超える広告資料を閲覧できた。さらに、資料館の方による広告にまつわる興味深い講義も行われた。

 異なる分野の訪問先を1日のうちに堪能でき、非常に有意義な見学会となった。ニュースでしか見たことがない取引の電光掲示板や、真剣な眼差しで働く方々を間近で見て、最新の経済や社会の動きを感じとることができました。

参加者の声(男性)42期三浦雅志

 東京証券取引所を見学して、普段はTV越しでしか見たことのない東証の現場を見ることができ、本当に貴重な経験になりました。

 日本経済の中心である場所を見学したことによって自分にとってもいい刺激になりました。